近年、動物医療においてもMRIやCT、Cアームなどの高度医療機器を使用した画像診断の重要性がますます高まってきております。的確で安全に診断を受けれるよう、また放射線をより安全に正しく使用するために、放射線の安全使用方法など、高度医療機器の導入実績のあるメディカルスペースにぜひご相談ください。

MRIの導入

日立製作所の特徴

日立では、ヘルスケアを21世紀の社会を支える必要不可欠なインフラと考え、総合力をいかした革新的な技術開発や関連システム・ソリューション・サービスの提供を通じて、一人ひとりが健康で安心して暮らせる社会の実現に貢献しています。

設置スペースやコストに限りはあっても画像診断には確かなクオリティとスピードを。
日立は独自の技術で、1.5Tならではの画像クオリティと永久磁石MRIから継承された設置性の可能性を広げました。ECHELON Smartが、超電導MRIに新たな選択肢をお届けします。

全身用X線CT診断装置の導入

キャノンメディカルシステムズ株式会社の特徴

(旧 東芝メディカルシステムズ株式会社)

キャノンメディカルシステムズグループは、「Made for Life」をスローガンに、医療のフィールドで世界中のお客様に幅広いソリューションを提供しています。少子化・高齢化社会が進展する21世紀において、現在の医療に欠くことのできない、X線診断装置、超電導MRI装置、X線CT、超音波診断装置などの画像診断機器を通して、人々のすこやかな健康に貢献しています。特に画像診断装置分野においては、圧倒的なシェアを誇る国内のリーディングカンパニーとして、日本の医療機器の歴史の中で常に高い評価を得ています。

患者に苦痛や負担を与えることなく、患部や臓器の状態を正確に撮影できるX線CT装置は、医療現場になくてはならない存在となっています。本装置は1回転、0.75秒の高速・高画質撮影能力をコンパクトなボディに搭載、高コストパフォーマンスを実現しました。検査時間の短縮やX線被ばく量の低減といった身体的負担軽減に加え、威圧感を与えない造形や色彩で患者の精神面にも配慮しています。

医師、技師に対しては、スキャンからフィルミングまで一連の操作を流れるような対話形式で進められるナビモードにより、操作に伴う負担を大幅に軽減しています。CT操作に不慣れなスタッフでも確実な操作が可能となり、夜間・救急時でも安心かつ安全な検査環境を提供しています。

Cアーム外科用X線撮影装置の導入

GEヘルスケア・ジャパンの特徴

GEヘルスケア・ジャパンは、日本の医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニーです。GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に設立されて以来、グローバル企業としての強みを取り入れつつ、国内に有する開発、製造から販売、サービスまでの一貫した機能を活かし、質の高い持続的な医療を日本にお届けすることを目指しています。

臨床現場のための最適と快適を追求したコンパクト。
OEC 7900 Fluorostar はコンパクト設計を徹底的に追及するとともに、画質や操作性を向上させる機能や新しいアイデアを搭載しています。OECシリーズで定評のある1k×1kイメージチェーン技術、低線量モードや血管撮影をはじめとする豊富なアプリケーション、左右2面のどちらからでも操作可能なデュアルタッチスクリーンなど、今までにない性能と品質を実現しています。

最近の記事

  1. プラズマ治療器 Pidi

  2. 【大阪府高槻市で動物病院ご開業】

  3. 【正確、詳細、安全、そして高いコストパフォーマンス。】

TOP